花便り~花水木

2014年4月26日

桜が終わり、替わって庭や街路樹でピンクや白の花水木が見られるようになりました。

子規の庭でも花水木が満開です。天平倶楽部の2階「牡丹の間」「椿の間」からの眺めが最高です。

1912年(明治45年)東京市長だった尾崎行雄が、アメリカワシントン市へ3000本の桜の苗木を贈りました。

3年後そのお返しとして贈られた40本の白い花水木の苗木が日本に根付いたそうです。

なので、花ことばは「返礼」
日米親善の願いをこめて生まれたものです。

来日しているオバマ大統領は、花水木を見ながら

過去の歴史を手繰り寄せたのでしょうか…

天平倶楽部 椿の間より

天平倶楽部 椿の間より


コメントは受け付けていません。