糸瓜忌(へちまき)

2015年9月9日

近代文学に大きな影響を与え、奈良との縁も深い俳人、歌人の正岡子規の命日「糸瓜忌(へちまき)」。

今年も9月19日(土)、奈良市今小路町の日本料理店「天平倶楽部」隣接する【子規の庭】で、没後114年の法要が営まれます。  

・糸瓜(へちま)咲て痰(たん)のつまりし仏かな

・痰一斗(たんいっと)糸瓜の水も間に合はず

・をととひのへちまの水も取らざりき

 
寝たきりの子規は、家族や仲間に助けを借りて死の直前に上の三句を書き残します。

「絶筆3句」と言われ、どれもへちまが詠まれたことから子規の命日9月19日を「糸瓜忌(へちまき)」と言います。

 

☆日時:9月19日(土)11時~11時30分(10時45分受付)

※【子規の庭】にて受付&集合

☆場所:日本料理天平倶楽部、隣接【子規の庭】


コメントは受け付けていません。