2015年

産経新聞に掲載されました

2015年10月29日 木曜日

産経新聞、第14回

第14回「舞台は子規の庭」

2015年10月29日 木曜日

 

2015年10月26日秋晴れのなか、

奈良の日本料理店「天平倶楽部」で第14回舞台は子規の庭講演会が行われ

約70名の方にご参加いただき盛況でした。

中塚女将

今年のテーマは、子規が奈良を訪ねて120年
~親友漱石より拾円借りて憧れの奈良へ~

古典文学研究WSの会・主催 堀井幸子様に講演いただきました。「笑う兄妹・子規と律」

そのあと、河村料理長の懐石料理を楽しんでいただき、デザートに子規の庭の古木(子規が見たであろう、食べたであろう柿)になったトヨタ柿をご賞味いただきました。

天平倶楽部、料理③

 

今後も子規に学ぶシリーズで心に響く講演を企画できればと思っておりますのでご支援賜りますようお願い申し上げます。

第14回「舞台は子規の庭」ご案内 

2015年9月30日 水曜日

第14回「舞台は子規の庭」参加者募集中です。

平成27年10月26日11:00より
天平倶楽部で開催されます。

お申込み、詳細につきましては
子規の庭友の会事務局まで
℡:0742-27-7272

 

第14回舞台は子規の庭 ちらし

 

 

 

 

 

糸瓜忌(へちまき)

2015年9月9日 水曜日

近代文学に大きな影響を与え、奈良との縁も深い俳人、歌人の正岡子規の命日「糸瓜忌(へちまき)」。

今年も9月19日(土)、奈良市今小路町の日本料理店「天平倶楽部」隣接する【子規の庭】で、没後114年の法要が営まれます。  

・糸瓜(へちま)咲て痰(たん)のつまりし仏かな

・痰一斗(たんいっと)糸瓜の水も間に合はず

・をととひのへちまの水も取らざりき

 
寝たきりの子規は、家族や仲間に助けを借りて死の直前に上の三句を書き残します。

「絶筆3句」と言われ、どれもへちまが詠まれたことから子規の命日9月19日を「糸瓜忌(へちまき)」と言います。

 

☆日時:9月19日(土)11時~11時30分(10時45分受付)

※【子規の庭】にて受付&集合

☆場所:日本料理天平倶楽部、隣接【子規の庭】