新着情報

花便り~一初(イチハツ)

2014年4月29日 火曜日

子規の庭、トヨカ柿の古木のそばに今。一初の花が咲いております。

一初_20140428撮影

一初_20140428撮影

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イチハツ(一初/鳶尾)は、アヤメ科アヤメ属の多年草です。

原産は中国からミャンマー北部にかけてで、日本には江戸時代に渡来したと言われています。

名の由来は、日本風のアヤメ類の中で  一番早く咲き出すからだそうです。   (一初草 → 一初)

葉っぱの横幅が広く、  花のところから鶏のとさかに似た白いもじゃもじゃが出ているのが特徴です。  

 

一初_20140428撮影

一初_20140428撮影

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

乾燥に強く、昔は火災や大風からの魔よけと信じられ、

かやぶき屋根に植えられていました。

鳶尾は漢名です。

根は民間薬とし、鳶尾根(エンビコン)と称して

吐剤・下痢として利用されます。

 

 

花便り~オオデマリ(大手鞠)

2014年4月29日 火曜日

子規の庭では今、オオデマリの花が見事に咲いております。

オオデマリ_20140428撮影

オオデマリ_20140428撮影

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

紫陽花になんとなく似た感じがしますが紫陽花の開花より1か月ばかり早いです。

オオデマリ_20140428撮影

オオデマリ_20140428撮影

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コデマリ(小手鞠)とも比べられることありますが、

名前が似ているだけで

オオデマリはスイカズラ科、

コデマリはバラ科で全く異なる種類の植物です。

 

花便り~ピンクのじゅうたん

2014年4月28日 月曜日
20140428

20140428ピンクのじゅうたん0

残念ですが、子規の庭の八重桜の花が終わりに近づきました。
ピンクの花びらで敷き詰められた庭も素敵ですよ♡

花便り~花水木

2014年4月26日 土曜日

桜が終わり、替わって庭や街路樹でピンクや白の花水木が見られるようになりました。

子規の庭でも花水木が満開です。天平倶楽部の2階「牡丹の間」「椿の間」からの眺めが最高です。

1912年(明治45年)東京市長だった尾崎行雄が、アメリカワシントン市へ3000本の桜の苗木を贈りました。

3年後そのお返しとして贈られた40本の白い花水木の苗木が日本に根付いたそうです。

なので、花ことばは「返礼」
日米親善の願いをこめて生まれたものです。

来日しているオバマ大統領は、花水木を見ながら

過去の歴史を手繰り寄せたのでしょうか…

天平倶楽部 椿の間より

天平倶楽部 椿の間より

花便り~満点星(どうだんつつじ)

2014年4月25日 金曜日

子規の庭入口にあるどうだんつつじの花が咲いています。

花期が長いのでまだしばらく楽しめそうですよ。

秋の燃えるような紅葉とは対照的で、可憐な白い小さい花

漢字で書くと「灯台躑躅」

枝分かれしている様子を3本の棒を結んで油皿をのせた「結び灯台」に見立てたそうです。

中国表記は「満点星」

白い花が咲きほころぶ様を星に見立てたというこちらの名前はロマンティックですね

満天星

 

 

八重桜が満開を迎えます

2014年4月21日 月曜日
八重桜

八重桜

子規の庭の八重桜が満開を迎えようとしています。
花水木も咲きだしました。

ホームページ リニューアルいたしました。

2013年5月31日 金曜日

只今「子規の庭」はホームページのリニューアルをいたしました。