子規の庭とは

俳句 短歌 文章を含めた日本語の革新を目指して35年の短い生涯を駆け抜けた正岡子規は、明治28年10月東京に帰る途中、奈良に立ち寄り屈指の老舗旅館「對山樓(たいざんろう)」に宿泊して……

≫続きはこちら

作庭の思い

明治23年、23歳の子規は「筆まかせ」という随筆の中に、「書斎及び庭園設計」と題して自分が将来、書斎と庭園を持つのだったらこのような作りにしたいという理想の計画案を示し……

≫続きはこちら

子規の庭ギャラリー
images
images
images
images

≫その他の写真はこちら

新着情報